乳癌 予防法

MENU
乳癌の予防法で有効なのは?プロゲステロンクリームだった!

乳癌の予防法にプロゲステロンクリームが有効なワケ

30代になり、乳癌を予防したいという気持ちが高くなってきた女性も多いと思います。

 

当サイトの管理人も同じです。予防できるものならできる事をやってみたい。というのが本音です。

 

乳がんの検診を受けるというのは、「予防」というよりも、早期発見のために行うことなので、「予防」にはなりません。
もちろん、早期発見を士に行くのは重要な事です。


スポンサードリンク


乳がん予防に必要な事

予防というのは、乳がんになる確率をさげるために行う方法。
そんな方法はあるのか?と多くの乳がんに関する図書も読んでまいりました。

 

そして、乳がんを予防するためには「プロゲステロンクリーム」が良いということを突き止めました。

 

乳がんを発症しやすくなるメカニズム

 

その理由は、乳がんは「エストロゲン(女性ホルモンのうちの1つ)」に長期的にさらされることによって発症する確率が上がります。

 

乳がんの中でのエストロゲン性の乳がんの場合、「エストロゲン」が増えることで、増殖しやすくなります。

 

 

女性の体内のホルモンのバランスは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが交互に優位になることによって保たれています。

 

この二つのホルモンがあるからこそ、月経が起こるわけですが、プロゲステロンというホルモンは乳がん予防にとって非常に重要な役割を果たしていたのです。

 

 

プロゲステロンのすごい力

 

それは、プロゲステロンは、
「エストロゲンの影響が過剰に体内に影響を及ぼすことを防止する」

 

という役割があるからです。

 

 

エストロゲンは女性の体内になくてはならない、非常に重要なホルモンなのですが、多すぎるエストロゲンやエストロゲンばかりが増えてしまうと、ホルモンバランスは崩れ、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

その一つが「エストロゲン性の乳がん」というわけです。

 

 

それをプロゲステロンが影響させすぎないようにうまく働いてくれる!というわけです。


 

プロゲステロンを増やせば乳がん予防になるけど…

 

ところが、プロゲステロンは、更年期前になるとエストロゲン以上に分泌が低下してしまうホルモンなのですね。なぜなら、妊娠して出産できる体に保っておく必要が40代頃になるとなくなると判断するからです。

 

ではプロゲステロンのサプリなどをうまく摂れば?

 

と思いますよね?ところが、ジョン・R・リー博士によると、プロゲステロンは口から摂取すると肝臓などで分解されてしまい、プロゲステロンとしての役割を十分に発揮できないのですね。

 

ではどうすればいいのか?というと、「プロゲステロンクリーム」というクリーム状の物を肌から塗り込んで吸収させる方法が有効なのです。

 

プロゲステロンの場合は、経口摂取よりも肌から浸透させる方が成分浸透率がよいのですね!プロゲステロンクリームは非常に安価ですし、是非天然のプロゲステロンクリームについてチェックされてみて下さいね^^


スポンサードリンク



乳癌の予防法で有効なのは?プロゲステロンクリームだった!関連ページ

自宅で遺伝子検査
乳がん予防にお勧めの方法についてご紹介しています。食べ物でも乳がんを予防する効果のあるものはたくさんあります。乳がん予防に運動なども取り入れて積極的に行っていきましょう!
カテキンで乳癌を予防
カテキンで癌予防ができるんです!渋味成分のカテキン(タンニン)には強い抗酸化作用と抗ガン作用があります。カテキンで癌予防を意識されてみて下さいね。
乳がん予防の食べ物って?
乳がん予防にお勧めの方法についてご紹介しています。食べ物でも乳がんを予防する効果のあるものはたくさんあります。乳がん予防に運動なども取り入れて積極的に行っていきましょう!