乳癌 原因 食べ物

MENU
乳癌の原因の食べ物と手軽に状態をよくする方法とは?

トランス脂肪酸が含まれる食品と、良い油とは?

トランス脂肪酸が含まれていると癌になる可能性が上がることは、これまでのページでもお伝えしました。

 

 

トランス脂肪酸はどのような食品に含まれているのでしょうか?


スポンサードリンク


トランス脂肪酸がたくさん含まれている食品といえば?

 

 

 

スナック菓子、アイスクリーム、菓子パン、クリームコーヒー、マーガリン、クッキー、インスタント食品、レトルト食品、冷凍お弁当おかず(フライもの)、ファーストフード(ポテト・フライドチキン)、ファミレスの揚げ物、カレーやシチューのルー、マヨネーズなど

 

トランス脂肪酸の影響

 

癌、認知症、不妊、アレルギー、免疫力低下、アトピー、動脈硬化、心臓の疾患など

 

 

トランス脂肪酸は安価でてにはいるため、ファーストフード店では低価格で提供するために不可欠な油となっているのです。トランス脂肪酸をふくまない油もありますが、オリーブ油やキャノーラ(菜種油)油、大豆油はトランス脂肪酸を含む油に比べると高いです。特にオリーブ油は体にも非常に良い作用をもたらします。

 

 

オリーブオイルの効能もご紹介しておきます!

 

オリーブオイルは血液の循環を良くする効果が非常に強い植物油です。値段も高いですが、体には非常に良い油です。

 

特に「エクストラ・ヴァージンオイル」の場合は、毎日サラダに少しかけて食べるだけでも、血管を保護してくれるのですね!血液の循環が良くなると、体の様々な良くない状態が改善されるもので、ファーストフードのトランス脂肪酸などの酸化しきった脂肪酸を食べて出てきた活性酸素が体全体の細胞を酸化して老化や病気へ導いてしまうのを防いでくれます。

 

乳がんなど癌が気になる方は、とにかく「酸化したもの」「酸化した油」を極力取らない食生活を心掛けられるとよいですよ!

 

先ほどご紹介したエキストラ・ヴァージンオイルは、マーガリンの代わりにパンやカリッとやいたフランスパンにつけて食べるとたまらなくおいしいです♪

 

値段は安くても将来病気になる可能性の高いマーガリンを食べて、治療費を払うよりも、今、少々高くても体に良いものを食べるほうが何百倍も幸せで価値がある事ではないでしょうか?

 

目先の「安さ」などに振り回されず、長期的な視点で「健康や幸せ」を考えたとき、何を選択するべきなのか。
一度ゆっくり考えてみてもいいのかもしれません。

 

私たちは、どうしても食費を節約して少しでも・・・・と色々食べ物以外の物にお金を使おうとします。

 

でも、私たちの体は、今日までに食べてきたもので作られ、明日の体も今から食べるもので
作られていくということを常に頭の隅に置いて食材などを選びたいですね!

 


スポンサードリンク



乳癌の原因の食べ物と手軽に状態をよくする方法とは?関連ページ

食品添加物が乳がんに関係する
乳がんの原因は食事も関係してきます。食品添加物をできるだけ摂取しないために必要な知識やその方法を知って、乳がんの原因事態を断ち切っていきましょう!
ファーストフードの油で癌に?!
ファーストフードで癌になりやすくなるってホント?それはポテトなどを揚げる際に使われる油に含まれるトランス脂肪酸に関係があった!!ファーストフードでの乳癌を防ぐために、子供の将来を健康で過ごせるようにするために!