乳がん 予防 食品

MENU
乳がんの予防は食品から!抗酸化作用が強力な食材をご紹介

ファイトケミカルには乳がん予防効果抜群の栄養素が満点!

「ファイトケミカル」という言葉をご存知ですか?

 

ファイトケミカルは植物自身が太陽の紫外線や害虫などから自分の体を守るために作り出している物質のことで、それをうまく取り入れることで人体に有害な活性酸素や過酸化脂質の影響を抑制できるという優れた成分です。

 

乳がんの予防にお勧めの食品の中で、ここではファイトケミカルが含まれるものについてご紹介していきます。


スポンサードリンク


ファイトケミカの栄養素と含む食べ物

◇ファイトケミカル◇

 

ビタミンやミネラルを超える物質で癌予防の光とも言えます。ファイトケミカルは抗酸化力があり、活性酸素の攻撃から細胞を守ってくれる働きがあります。(β?カロテンもファイトケミカルの仲間です)

 

ファイトケミカルには、非常に種類が多いわけですが、色で分類すると分かりやすいのですね。

 

・赤色系:リコピンやカプサインチン
・オレンジ系:β?カロテン
・黄色系:フラボノイド(フラボノイドはほとんどの野菜に含まれています)
・青色系:アントシアニン
その中で特に乳がんを抑制・予防効果のある成分と食材について述べていきます。

 

 

◆リコピン

 

トマトに含まれているリコピンは強力な抗酸化力をもちます。トマトの摂取量が多い国では、癌の発症率が他国に比べて50%以上少ないというデーターもあります。活性酸素を消滅させる力は、リコピンが一番強くて、β?カロテンの2倍、、ビタミンEの100倍ということが解明されています。

 

◆β?クリプトキサンチン

みかんにたくさん含まれますが、強力な抗がん作用があると注目されている成分。β?カロテンの5倍の発がん抑制効果が認められています。特に温州みかんに多く含まれています。一日2つ食べるとがん抑制効果が望めますよ!

 

<フラボノイド>

◆ポリフェノール

 

ポリフェノールはどれもすべて非常に強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してがんを防いでくれます。細胞内でも細胞膜の上でもどこでもしっかりと働いてくれるオールマイティーな抗酸化物質ですね。

 

特に赤ワインにはたくさんポリフェノールが含まれています。他にも、バナナ、マンゴー、ブルーベリー、春菊に多いです。カテキンもポリフェーノールの仲間。緑茶に多く含まれています。

 

さらにがん抑制効果のある成分や食べ物についても合わせて参考にされてみて下さい!

 

イソフラボンの過剰摂取で乳がんに?実は癌抑制作用もあった!

 

 

根本的な自分の体質や傾向を知ることで、将来の乳がんやガンの危険性の傾向が分かる検査が自宅で簡単に受けられる時代になりました!詳しくは⇒

 

時代は進化しています。早期発見、予防、自分のできる所から少しずつ初めて行きましょう。


スポンサードリンク



乳がんの予防は食品から!抗酸化作用が強力な食材をご紹介関連ページ

乳がん予防に食事はなぜ大事?
乳がん予防は食事が本当に大切です!免疫をつけることが最重要であり、予防効果が高いのです。そのおススメの食材というのは?
予防食材で乳がんを抑制!
乳がん予防の食材はとてもたくさんあるのですが、うまく摂取することで癌を抑制できるという、素晴らし効果があるのですね。しかも身近な食材ですので、乳がんが気になる片や遺伝の可能性がある方は積極的に乳がん予防の食事を摂りましょう!
イソフラボンの過剰摂取とがん抑制作用
イソフラボンの過剰摂取で乳がんになるといわれていますが、実際に大豆イソフラボンには癌を抑制する効果もあるのですね!正しい知識で摂取してくださいね。
乳癌を防ぐ注目の食品とは?!
乳癌を防ぐ食品で注目なのはファイトケミカルなのですが、それっていったいどんな食べ物なのでしょうか?乳がんを防ぐ食品についていろいろご紹介しています。