乳がん 食べ物 予防

MENU
乳がんを食べ物で予防する

スポンサードリンク

乳がんを食べ物で予防する記事一覧

乳がんになってしまう方の多くは、免疫力が極度に低下していることが多く、免疫力が低下していると、癌細胞の増殖を抑えられずに、広がりやすくなります。私たちの正常な細胞が、癌細胞にやられてしまう…私自身もあまり免疫力が高くなく、特にストレスですぐに病気になりやすいタイプ・・・数年前には、免疫力がなくなる病気にかかってしまい、死の恐怖に直面しました。ココでは免疫力について少し知っておきましょう。

癌の予防効果があるといわれる「抗酸化作用」をもつ栄養素や食材についてお伝えしていきます。がんを防ぎたいから特別な物を!という考えでいるよりは、普段の食事をしっかりバランスよく取っていくことを考えることの方が何倍も大切。ココでは主に、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンQ)やセレン・亜鉛についてお伝えしています。

「ファイトケミカル」という言葉をご存知ですか?ファイトケミカルは植物自身が太陽の紫外線や害虫などから自分の体を守るために作り出している物質のことで、それをうまく取り入れることで人体に有害な活性酸素や過酸化脂質の影響を抑制できるという優れた成分です。乳がんの予防にお勧めの食品の中で、ここではファイトケミカルが含まれるものについてご紹介していきます。

イソフラボンは、大豆などの食品に多く含まれる成分です。ただ、イソフラボンは摂取しすぎると、健康を害すということは最近よく言われています。厚生労働省では大豆イソフラボンの摂取量基準を設け、過剰摂取にならないように呼びかけているようです。

これまでのページでもファイトケミカルについてはお伝えしましたが、さらに癌予防に必須の食品をご紹介していきます。「ファイトケミカル」という言葉はテレビCMなどで効いたこともあると思いますが、身近な、あの食べ物が、癌予防などで大きく注目されています… その食べ物はアブラナ科の、あれです!!