乳がん しこり 特徴 硬い

MENU
乳がんのしこりの特徴は硬いの?良性か悪性かで変わる場合も!

乳がんのしこりの特徴は悪性の場合はやっぱり硬い!

こんにちは!管理人のニコです。

 

ココでは、管理人自身も不安になった、
「しこりの硬さや特徴」について調べてまとめています。

 

乳がんはかならずしこりができて発見できるとは限りませんが、
ほとんどの場合は、自分で触診をしてしこりを発見して、
乳がんかな?と思って調べるところから乳がんが見つかる場合が多い様子。

 

 

胸のしこりを伴う別の病気もたくさんありますが、
やはり「しこり」「違和感」は、乳がんの特徴でもあります。


 

乳首が変形したり、乳頭から分泌物があったり、
へこんでいたり、しこりがあることなどは大きなその特徴です。


スポンサードリンク


良性の場合は、どんなしこり?悪性の場合は?

 

  • コリコリとした感触です。手で触ると移動してしまうような感じです。弾力がある感じ。他に転移せずに、その場所にとどまってくれるタイプの場合。
  • 悪性の場合は周囲の組織と癒着が進んでいるので、手で触っても動かないことが多いです。

 

乳がんでしこりができやすい部分はどこなの?
@乳房の外側の上の方
A乳房の内側の上の方
B乳房の外側の下の方
乳がんのしこりが出来やすい部位の図解はコチラ⇒

 

脇の下もしこりができやすい場所です。
胸の触診をするときに忘れずにチェックしたい部分ですね。

 

ただ、触診だけでは、それが乳がんなのか、
悪性なのか良性なのかはわかりません。

 

「マンモグラフィー検査でも分かりにくい場合もあるほど」なので、
やはりしっかりとした検査を受けることが重要です。

 

 

エコーや触診検査も重要です!


気になった時に検査を受けていれば、もしそれが何もなければ、安心できます。それがもし乳がんの可能性がある物なのであれば、ほおっておくよりもはるかに早く治療を始めることが可能です。

 

癌は若いほどに進行が速いので、早期発見と治療開始は非常に大切なことになります。

 

 

胸のしこりが気になる方の乳がん検査「医療クリニック」を探しやすいサイト↓
人間ドック・検診予約

 

自宅で検査ができる、検査セットも販売されています。どうしても病院で検査を受けに行く暇がない方、赤ちゃんがいたり、
介護中で自分の体のことを気にする暇がない方は、検査セットを利用されることもよい方法ではないでしょうか?一度チェックされてみてくださいね。

 

しこりかな〜と思ったら、すぐに行動を起こすことで、
大きなリスクを免れる可能性も高まります。

 

っといっても、管理人もしこりが気になって、
検診に行くまでにしばらく時間がかかってしまいましたけどね(^_^;

 

検診に行くときは、不安と恐怖で一杯でしたしね・・・。
もしも、望まない結果がでてしまったら・・・と。

 

検査をしにいって、マンモグラフィーやエコー触診検査をしていただき、
医師の先生に色々とお話を伺う中で、安心できました。
不安な方はお早めに診てもらうなどしましょう^^


スポンサードリンク



乳がんのしこりの特徴は硬いの?良性か悪性かで変わる場合も!関連ページ

授乳中のしこりについて
授乳中は乳がんになるものなのか?胸にできたしこりは、ただの乳腺炎?それとも乳がん?しこりの特徴などもお伝えしています。母乳をあげているママに是非知っておいてほしいことです。
胸の外側にしこりと痛みが!
胸の外側が痛い、しこりのようなコリコリがあって、痛みもあるのって、乳がん?乳腺炎?何?と不安になって実際に検診に行った時の様子や結果にういてお話してます。