乳房,温存,乳がん治療

MENU
乳房を温存できる乳がん治療が神戸で開発されてる!

乳房が温存できる乳がん治療って?!

乳房温存が出来る治療があると知って、色々調べました。

 

 

兵庫県立加古川医療医療センターにおいて、乳房が温存できる乳がん治療法として下記の治療法を開発されたそうです!


スポンサードリンク


オキシドール(過酸化水素水)で効果を高める「放射線治療」方

 

放射線治療というのは、酸素を利用して癌を殺す方法なのですが、体内の癌が大きく増えてくるほどに、細胞の中に抗酸化酸素が増えてしまい、「酸素」が足りなくなってしまうそうなのですね。

 

だから、進行が進んでいる乳癌に対して、放射線治療はあまり効果が得られない治療法だったわけです。これまでは。

 

ところが、このオキシドールは、「抗酸化酸素」を分解するため、酸素不足にならずに済むため、進行している癌にでも利用することができる治療法として広まりつつあるようです。

 

 

この治療は、全国では、500例以上実施されているようです。
費用は、一回「数百万円」で5回分で済む…ということです。

 

治療を行っている神戸低侵襲がん医療センターのHPは⇒

 

実際に、抗がん剤と併用で、この治療法を受けた女性の方の言葉

 

 

「がんが消えて体力の消耗が少ない!」


 

乳癌は、見つかった時にはすでに進行している場合が多いため、やはり「命」のことを考えると、このような画期的な治療法は、本当にありがたいです。

 

特に40代などの若い女性は、母として、妻として、会社での中堅的な立場として、幅広く活躍の場が求められており、このような体にも、心にも負担の少ない治療法が出てくることは、素晴らしいと思います。

 

この治療法を開発された、医院長先生は、”多くの患者さんを救いたい”と強い信念をもって日々研究に取り組まれているようです。

 

このような信念を持った研究が私たちの未来を支えてくれている・・・ありがたいことです。
私たちは日々の自分の体や環境に感謝をして、研究者の方はこれからも頑張って、
それぞれに出来ることを精一杯やっていきたいですね。

 


スポンサードリンク



乳房を温存できる乳がん治療が神戸で開発されてる!関連ページ

光で治す癌治療(最新)
がん治療の技術はどんどん進歩しています。近年光で治療する方法がありましたが、新たに日本人の研究者による無害な近赤外線の利用による癌の治療法が開発されたのです。その詳細とは?
ゲノム編集と乳がん
乳癌治療の研究は日々進められており、体に負担の少ない治療法などが開発されています。その最新ニュースをこのカテゴリーではまとめていきたいと思います。